葉酸サプリは偏頭痛にもいいらしいって本当?

アンチエイジングや妊娠中の胎児を健康に出産するため、更に授乳中の母子の栄養補給にも役立つ葉酸サプリメントは、他にも多様なメリットがあるといわれています。偏頭痛を患っている人にも、頭痛の低減を期待させる効果が高いといわれているため、飲む時に参考にしてください。

具体的にどうして偏頭痛に対して効果が期待出来るのか、確認して飲みましょう。

葉酸サプリを飲むと期待出来る効果

一般的に知られている葉酸サプリの効果としては、胎児の神経管閉塞障害を防ぐ働きが挙げられています。神経管閉塞障害が発生すると、「二分脊椎症」や、「無脳症」と呼ばれる病気が発生しやすくなります。特に無脳症は神経管から脳が正常に作られずに流産・死産してしまうリスクが高い病気です。

これらの病気から胎児を守るための栄養素として、積極的に葉酸サプリメントで栄養補給が推進されています。また、授乳時に葉酸サプリを飲むことで、母体の子宮回復効果・母乳が出やすくなるといった効果への期待が高いです。

また、母乳の栄養素がダイレクトに授乳時の子供に与えられるため、葉酸をとることで栄養素をスムーズに与えやすくなります。妊娠中・授乳中の母子ばかりでなく、美容のためにも積極的な摂取が推奨されている葉酸サプリには、美肌・美髪効果への期待が高いです。

髪や肌を作る為のたんぱく質を合成する効果があるため、肌荒れ抑制や髪のダメージ軽減効果があるといいます。更に生理不順を回復させる効果も期待出来るため、ホルモンバランスを安定させることができるでしょう。血流量改善に伴い、代謝及び冷え性の改善や、お通じの改善も期待出来るとされています。

(葉酸サプリでホルモンバランスを整える)

美容だけではなく健康への期待も高い

美容や妊娠・授乳中の母子への影響だけではありません。健康効果に対しても、高く期待出来るといわれています。血流の悪さを原因とした病気を回避できる可能性が高まるからです。認知症予防効果や動脈硬化、貧血予防効果が期待できます。

また、血液の流れが活性化することによって、肩こり対策にもつながる可能性が高いです。尿酸値低下による通風のリスク低下や高血圧予防、更にストレスを緩和する働きも期待出来るため、うつ病へのリスクを低下させることができます。

葉酸が不足することによって発生する体調不良として、ホルモンバランスが崩れて便秘やストレスによるイライラが発生しやすくなることが多いです。また、妊娠中の女性は貧血から母体や胎児を守るため、頻繁に眠くなる可能性が高くなります。

更に妊娠中の女性以外でも食欲不振や貧血になりやすいです。貧血を放置しておくと、悪性貧血や巨赤芽球性貧血と呼ばれる重篤な病気に発展しやすくなるため、注意してください。更に、胃腸の働きが不安定になるため、便秘や下痢への危険性が飛躍的に高くなります。

口内炎や胃潰瘍といった、粘膜の疾患にかかりやすくなる可能性も高まるため、適切な量をとることが必要です。

偏頭痛と血液の流れの関係

そもそも偏頭痛とは、突然頭の右・左が痛くなる症状です。人によっては両方とも痛くなる場合もありますが、大抵片側が痛くなるといいます。季節の変わり目や雨が近い、あるいは雨が降っている季節になると余計ひどくなる人も少なくありません。

光や音、においに敏感になり、症状が悪化すると吐き気、めまいを起こし、立っていられなくなる場合もあるほどです。低体温・低血圧の人に症状が多く見られ、更にむくみやすい人が多いといいます。人によりますが年数回から毎日あり、一度発生すると数時間から数日は頭痛に悩まされることが特徴です。

原因のひとつに、何かの刺激を受けて脳の血管が収縮・拡張をしすぎることによって、血管の周辺の神経を刺激していることがあげられます。神経を刺激することによって、痛みを引き起こす成分が体内で分泌されてしまう結果、引き起こされる症状だという説です。

血管に刺激を与える原因として挙げられるのは、過剰なストレスやホルモンバランスの崩れなどといわれています。また、よく眠れていない人、睡眠不足の人が起こりやすいです。天候や気圧の関係もあるため、季節の変化に合わせてホルモンバランスに変化が起こり、その結果脳の血管に刺激を受けることも少なくありません。

偏頭痛対策として挙げられる栄養補給

偏頭痛対策として挙げられる方法のひとつに、栄養補給があります。生活習慣を見直し、ストレス解消を心がけ、栄養分を適切に取り入れることが推奨されていますが、その中で特に推奨されている成分がビタミンB群です。

特にほうれん草やヨーグルト、バナナやアーモンド、大豆類を積極的に取り入れることが推奨されています。毎日積極的に摂ろうとしても、なかなか摂れない物も少なくありません。サプリメントであれば、必要な栄養素を摂りたい時に、適切に取り入れることが可能です。

毎日の食生活で取り入れることによって、偏頭痛の予防対策につながるでしょう。ただのビタミンB群だけではなく、葉酸サプリも取り入れたほうがいいといわれている理由は、葉酸の効果にあるといいます。葉酸にはストレスを緩和させる効果や、ホルモンバランスを整える効果への期待が高いです。

通常のビタミンB群と一緒に取り入れることによって、ストレスやホルモンバランスを正常に整え、偏頭痛を引き起こすリスクを低減できるでしょう。

(葉酸サプリを飲むならレモン味がおすすめのワケ)

葉酸サプリメントを効果的に取り入れるコツ

偏頭痛に効果がある葉酸サプリの取り入れ方として、カフェインやアルコールを飲まないことが必要です。効果を低減させるリスクや、ホルモンバランスを崩すリスクが懸念されるため、サプリメントを摂る時にカフェイン入りの飲み物や、アルコール入りの飲み物を利用するのは避けましょう。

水やぬるま湯で取り入れることで、サプリメントは最大限の効果を発揮しやすくなります。また、一度に大量に飲むのではなく、毎食間葉酸サプリを取り入れることも重要です。水溶性ビタミンであるビタミンBは、過剰に摂取すると対外に排出されます。

そのため、一度に大量に取り入れるよりも、毎食間定期的に飲んだほうが体内で効果的な働きを見せるでしょう。食間と呼ばれる時間帯に葉酸サプリを飲んだほうがいい理由として、葉酸は空腹のほうが吸収効率が高いことがあげられます。

ただし、胃に負担がかかるリスクもあるため、胃腸にダメージを抱えている場合は、食後30分以内に飲みましょう。また、食間だけでなく、寝る直前に取り入れても効果を実感しやすいといわわれています。